恋愛コラム Vol.4 ~男子の焦り~

こんばんは。レイです。
久しぶりに年下の友人Dくんからメッセージが届きました。

 

「レイさん聞いてください。俺、久しぶりに恋煩いしちゃってます・・・」

 

おやおや、いつも自信たっぷりのDくん。今日はどうしたのかしら?
Dくん「久しぶりに真剣に好きな子ができて」
「今までなら自分のペースでグイグイ行けたんですけど、あれこれ考えち ゃってうまく行かないんです」

私「うまく行かないって、どんなふうに?」

Dくん「2人きりで飲みに行ったのに決められなくて」

私「そう、決められなかったのね・・・」
Dくん「それですっかり自信を無くしてしましました」
「自分に好意があるのか無いのかも分からなくなりました」

あらら、かつての女性に対する自信満々な様子が感じられません。
そして先日もクライアントさんから同じような相談があったばかり。

話を聞くと共通するのが
とにかくも「焦りすぎ」ということ。

ラインの返事がすぐ来ないだけで、彼女の気持ちが自分にないのだと決めつけてしまう。いわゆる既読無視だと決めつけて、不安になったり焦ったりしてしまうのです。

 

でもね、彼女にも彼女の都合があります。
仕事で忙しいのかもしれないし、文面を見て納得し「返信の必要性を感じていない場合」もあります。
↑これって、以前なら男子に多いタイプでしたが、今や女性が男性以上にネットスキルも駆使してしなやかにバリバリ活躍する時代。

 

まして知り合って間もなく、付き合うか付き合わないかの段階では、相手も色々と考えることがあって当然なのです。

 

これは、ゲームやSNS世代の特徴とも言えることですが、
二次元の表面的な付き合いや、「いいね」だけを通じた希薄な人間関係で繋がっている日常に慣れてしまうと、相手とじっくり・どっぷり・ガッツリ深く向き合うことを避けてしまいがちです。

 

真剣に相手と向き合うことは、本来怖いもの。
だって自分自身を深く傷つけることもあるのだから。もちろん相手もね。

 

また、事前に用意したマニュアル通りに事が運ばないと、焦ってしまって相手にどう対応したらよいか分からないという共通点もあります。

 

これは、もうコミュニケーション以前の問題です。
相手を良く観察すること。
相手に寄り添って、言葉からだけではない感情・真意を思い測ること。

 

それに、若い男性は特に「結果を焦りすぎ」です。
もちろん、心から好きな女性に出会えたら一刻も早く「自分のものにしたい!」気持ちも十分分かります。

 

でもね、女の子はやっぱり心も身体もデリケート。
そして付き合うまでのプロセスも大事なんです。
たくさんの思い出も欲しいもの。
まして自己肯定感が低い女性に対しては「自分が価値ある大切な存在」であることを感じてもらえるようにじっくりと心をほぐしてあげることが大事なのです。

 

えっ~女ってめんどくさい!

 

あたりまえですよ。
ゲームのアニメキャラやア○○○ビデオのように簡単に行かなくて当たりまえ。
じっくり・どっぷり・ガッツリ深く向き合っって、恋の醍醐味!深~い幸せを二人で創り上げていってくださいね。

 

いい男は、もちろん決断も早いけど「じっくり構えることが出来る」のです(*^^)v

あ。かなり女性目線でしたか?

もちろん、付き合い始めのプロセスを省きたい超肉食女子もいます。

その場合はお互い合意ならGO!OKです。

 

「一般社団法人 日本聴き方協会 HP」はこちらから!
http://kikikata-kyoukai.com/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)