どう過ごすかが重要です!10月から12月は来年を映す「鏡」

こんにちは。レイです。

 

月日の経つのが年々早くなっています。
今年も残り4か月となりましたね。

 

そして、あと4ヶ月を
「もう4ヶ月しかない」ととらえるか、

 

はたまた
「まだ4ヶ月もある」ととらえるか。

 

実はこの「捉え方を変える」ことが、
豊かな人生を送るために非常に重要になってきます。

 

「とても楽しみにしていたバーベキューが、
雨のせいで中止になっちゃった~残念・・・」と嘆くよりも

 

「雨が降って予定がなくなったから、今日はお部屋をピカピカに掃除できる!」と、
捉え方・行動を変化させるほうが、どうですか?
人生を毎日豊かに過ごすことが出来ると思いませんか?

 

「雨が降っている」という「現実」は変えられません。
でも、その「現実」をどう捉えるか?によって、
受け取るフィーリングは全く違うものになりますよね‼︎

 

さあ、これからの4ヵ月をどう過ごしましょうか?

 
 

以前、私の師匠に良く言われたことがあります。

 

「10月から12月の各1ヶ月は、
来年の4ヶ月ずつの徴候が現われる月であること」

 

つまり、
10月なら来年の1月から4月の、
11月なら来年の5月から8月の、
12月なら来年の9月から12月の徴候が
少しずつ現われるのだそう。

 

これは、つまり、
今年の10月から12月に種まきしたり、何かを始めたりと、意図して行動したこと
が、来年に反映されるということでもあります。

 

9月はその為の最終準備段階でもありますね。
次のステージに向けて、しっかり目標を見据えていきましょう‼︎

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)